『植物』で作られた『人工肉』!?/ インポッシブルバーガー・バーガーキング

今、アメリカで話題のインポッシブルバーガーを食べに行きました。

インポッシブルバーガーとは『植物』で作られた人工肉のハンバーガーパティで

味も普段食べているビーフパティとほぼ同じということで、とても話題のハンバーガーです。

『植物』から作られた人工肉というと変な聞こえですが…

早い話、ベジタリアンバーガーなのに肉の味がする不思議なハンバーガーです。

 

f:id:ALOHAbyZOOM:20190901103642j:plain

数ヶ月前、ハードロックカフェでインポッシブルバーガーの存在を知り

食べてみたかったのですが、売り切れだったので次のチャンスを待っていたら

なんと!バーガーキングからインポッシブルバーガーが発売されたので

さっそく食べに行きました。

 

f:id:ALOHAbyZOOM:20190901103638j:plain

右のトマトが見えるバーガーが『インポッシブル・ワッパー』

左が普通の100パーセントビーフの『ワッパー』

見た目もほぼ普通のビーフバーガーと同じ。

 

f:id:ALOHAbyZOOM:20190901103628j:plain

今までに、野菜で作られたベジタリアンバーガーは食べたことがありますが

パサパサしていて味もなく美味しくありませんでした。

でも、『インポッシブルバーガー』は本当にビーフの味で美味しい!

人工肉とは思えません。

食物から作られたと言われなければ

普通のビーフバーガーと信じて食べてしまう美味しさです。

 

とはいえ、100パーセントビーフのワッパー・バーガーと食べ比べると

少し何かが違いますが、個人的にはカロリーも控えめで美味しかったので

気に入りました。また、買いに行きたいと思います。

f:id:ALOHAbyZOOM:20190901103633j:image

インポッシブルワッパーのセットをオーダーして約12ドルでした。

安いか高いかはわかりませんが、ハードロックカフェでは倍の金額だったので

ファーストフードならではの金額です。

 

話題性満載の『インポッシブルバーガー』

店内のほとんどの人が『インポッシブルバーガー』を食べていたので驚きました。

これからの時代、植物から作られた人工肉が当たり前になるのかなと思うと不思議ですが

ベジタリアンの多いアメリカ、『インポッシブルバーガー』は人気になりそうです。